よくあるご質問

シッティングに来てもらう時間を指定することはできますか?

できる範囲でご要望に応えます。訪問時間の目安は、あらかじめ打ち合わせの段階で決めさせていただきます。


ご出発とご帰宅の日時をお聞きし、それを参考にしながら訪問時間を調整しています。たとえば、契約当日の朝お出かけでしたら、なるべく夕方にシッティングに伺うという具合です。


うちの子はひどい人見知りで隠れて出てこないと思うのですが大丈夫でしょうか?

こうした気の小さい猫は、動物病院やペットホテルに預けるとストレスを感じてしまうことになります。おうちでお留守番していれば、自分のテリトリーで安心していられます。シッティングの際、まず猫ちゃんの居場所を確認するので、よく隠れる場所や、お気に入りの場所などを事前打ち合わせでお伺いいたします。


シッターが来ることで緊張して猫ちゃんがいつも通り楽しく過ごせない場合は、通常1時間のシッティングを短めに行うこともありますが、料金は1時間のシッティングと同じとなりますのでご了承ください。


1日1回の訪問で大丈夫ですか?

これまでのシッティングの経験上、基本的に一日一回の訪問で問題はありませんが、シッターをお願することが初めてで心配な場合は、初回に限り1日2回の訪問もお受けいたします。ただし、その場合は料金も2回分となりますのでご了承ください。



急なけがや病気になった時対応してくれますか?

はい、そのために打ち合わせ時、かかりつけの動物病院やキャリーケースの場所をお伺いします。スタッフの判断、場合によっては動物病院に指示を仰いでもっとも適切な処置を致しますので、 ご安心ください。 ご心配のようでしたら、動物病院にシッティングサービスを依頼しているとお伝えください。


留守中の猫の様子を報告してもらえますか?

シッティング終了後にキャットレポートにて、猫ちゃんの様子を報告させいていただきます。キャットレポートには紙(書き置き)と電子メールがあり、どちらかをお申し込み時にお客様にて選んでいただきます。


紙のレポートはご自宅に残しておくため、確認できるのはご帰宅後です。メールレポートはシッティング終了後、携帯メールからお客様の携帯メールアドレスへと送信させていただきます。

訪問中に物を壊したりした時は弁償してもらえますか?

シッターの過失により、家の中の物を壊した場合は弁償させていただきます。ただし、シッターがいない間に猫ちゃんが壊してしまった場合はその範囲ではありません。


お留守中は花瓶や倒れやすいもの、壊れやすいものなどは、猫の行動範囲外にしまっておいていただけると助かります。

Copyright(c) 2013 nekohoiku.com All Rights Reserved.